トップページへ 会社概要へ 施工事例へ 保証制度ページへ 地元工務店の強みとは お問い合せのページへ

地元工務店の強み

‐工務店とハウスメーカーの違い‐


設計〜積算〜施工まで担当者が全て把握しながら業務を進めるので、人件費のロスが少ない。
地域の折込チラシ程度の営業なので営業経費が少なく、その分価格が安い。
施工上の制約が少なく、住む人の都合優先で一品生産の家を作ってもらう事が出来る。
実際に現場に立つ施工者でもあるので建築のプロとしての意見を聞くことができる。
受注者と施工者とアフター管理者が同じなので、施主側の意見が反映されるのが早くトラブルも少なく、コミュニケーションが取りやすい。
家を作品化しないことで施主側のこだわりを具体化できる。
建築材料を良く知っている。
施主側のスケジュールに合わせた施工計画を立ててくれる。
地域に密着していて、評判・口コミでの紹介を大切にしているので
施工はもちろん、アフターメンテナンスを大事にしている。


モデルルームや広告宣伝費、営業費を多くかけている分、価格が高い。
モデルルームの多くは広い敷地にゆったりとした間取りとメーカーが誇る最上級の仕様で作られているため、参考程度にしかならない。
構造、仕上げ材料がある程度決められているので個性が活かされない。こだわる人には不向き。
営業は業績にこだわるので、時間のかかる細かな要望を聞くのを避けたがる。
また、細かい要望はすべて基本外のオプションになるため、その都度追加費用がかかる。
設計と施工が別会社になるため、万が一のトラブル時の責任の所在が曖昧になりやすい。